2007年05月26日

佐久間ダム湖ウヲッチ♪

 さて、前回は佐久間町のナンバーワン名所である、ちょっと知られた心霊スポットでもあり、自殺の名所でもあり、かつては東洋一の規模を誇ったというワールドワイドな佐久間ダムの紹介をさせていただきました。皆さん、すっかり激萌えていただけたと思います。では、今回はその佐久間ダムによって天竜川がせき止められてできた人造湖「佐久間ダム湖」について述べたいと思います。

 佐久間ダム湖は前述のように人造湖ですので、もともとは天竜川です。川底には水没した村々もありまして、なかなかに感慨深いものがあります。地図上ではこの佐久間ダム湖の中心に静岡県と愛知県の県境があったりします。

 普通の川なんかは上流はV字谷の底に川が流れていて流れは速く、川幅は狭い。反面、下流になると、地形もなだらかになり、流れはゆったりとして川幅は広いというものです。ところが、佐久間ダムより上流の長野県飯田市なんかを流れている天竜川は下流並に川幅が広く、のどかです。何か知りませんが、この辺だけ渓谷になっちゃっています。まあ、せき止められているので流れはゆるやかどころか、完全停止していますけどね。まあ、なかなかに美しい光景を見ることができると思います。

佐久間ダム湖
これが佐久間ダム湖。左右の山との景色が美しい!

 その佐久間ダム湖の静岡県側には佐久間ダム湖に貯められた水を取り込む取水口が2つあります。この取水口のデザインもダムマニアの間ではたまらないものらしいです。ここから一気に佐久間第一発電所まで水を落下させます。これで発電されるんですね。 

佐久間ダム取水口
何とも言えないデザインの取水口

 中部方面から佐久間ダムに向かい、愛知県に向かう県道1号線もありますが、左折しないで直進すると県道288号線。佐久間ダム付近から水窪町の大嵐までを結ぶ佐久間ダム湖畔沿いに走る県道なんですが、殆ど全線が通行止めという有様です。その為、「県道」ではなくって「険道(けんどう)」と称されて険道マニアには有名なスポットとなっております。その県道288号線を上流側に向かって走っていくと、佐久間ダムの駐車場に出ることができます。ここは佐久間ダムまつりなんかが行われたりして、ちょっと前までは売店なんかもありました。五平餅が美味かった記憶があります。そこから見る佐久間ダムの後姿もなかなかにステキです。 

佐久間ダム湖
後姿の佐久間ダムもなかなかに優雅です

 また、この駐車場からダム湖まで下りる事ができる階段もあります。……と言っても下りる所には柵がしてあって下りれないのですが、僕が行った時にはどっかの観光客が乗り越えてギリギリまで行っておりました。階段が水中に延びているのは中々にスリリング! 

佐久間ダム湖面に迫る
この佐久間ダム湖の中に延びる階段は一体……?

 そんなワケで、佐久間ダム湖にも皆さん、激萌えていただけたと思います(?)。それにしても、このダム湖の中に延びる階段は実にナゾですね。イマイチ、使用用途が掴めません。

 ではでは。

〜PR Link〜
酷道・険道ファン倶楽部
険道走行記

posted by sakuma-jin at 00:13| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうやって、コメントすればいいのかしらん?
長野県飯田市出身の飯田人でございます。
ま、今は故郷を離れて暮らしておりますが・・・。
文中に故郷が出てきたので反応してしまいました。
佐久間ダムの景色ってこんなにキレイなんですね!
空と山と湖のコラボが実に美しいですなぁ(*´∀`*)
写真の撮り方も上手なんでしょうなぁ。
Posted by 飯田人 at 2007年05月26日 21:12
こんにちは。最後の写真にあった謎の階段で思い出しましたが、私の卒業した小学校にも謎めいた階段があります。
上半分だけあって下半分がありません。もちろん、階段の上には安全のために柵が取り付けてあります。いつからあるのか、何のためにあるのか不明です。
Posted by 名古屋人 at 2007年05月27日 09:02
> 飯田人さん
コメントできたみたいですね。
これでいいみたいです。
まさか、上流の飯田市の下流にこんな所があるとは思ってもみなかったと思います。
ちなみにこの写真は超・アマチュア時代に撮ったものですのでメチャメチャです。

> 名古屋人さん
なんか、ここに来る人は「○○人」というのが普通になりそうで怖いです。
上半分だけの階段……ナゾだ。
昔は階段の下部分に建物があって、その建物だけが壊されて階段だけが残った……という推理をして見ました♪
Posted by 佐久間人 at 2007年05月28日 00:51
とても綺麗な画像に、また、解説がいい!
腕も、カメラもいいんでしょうね。どの画像もアングルが素敵です。こんな画像を撮ってみたい!(ため息・・)
Posted by くらんぽん at 2007年05月28日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42912355

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。